オフィスの必需品ガイド│複合機やトナーは比較して最強のものを選ぶ

ビジネス

相性がいい

複合機

お得に使えるのは互換のトナーです

okiなどのビジネス向けのレーザープリンタの普及が広まっているのですが、ランニングコストとの兼ね合いを考える企業も多くなってきています。こうしたランニングコストに敏感な企業が、注目しているのが、互換トナーなのですが、これはokiなどの一流メーカーには必ず存在しています。互換トナーは、大きく分けで、リサイクルトナーのタイプと、単純に互換性があるものと、2つのパターンがあるのですが、リサイクルトナーの利用が多いのです。これらのリサイクルトナーは、元々はokiであれば、純正品から作られているので、製品との相性もよく、安心して使えます。さらに価格もやすいので、安心して利用することができ、かつコストもおさえることができるので、とておもお得な製品です。

純正と変わらないリサイクルトナーの価格について

リサイクルトナーは、元々の部品を純正品から利用していることもあり、okiなどの純正品に比べると、安価になっています。これらの価格の相場を見てみると、大抵は純正品の価格に比べて、互換性の高いリサイクルトナーは、7割から8割程度の価格になっています。リサイクルと言っても、このくらいの価格になるのですが、元は純正品と同じなので、十分コストとしては、良い価格だと判断できるはずです。もちろんこれらの互換トナーは、各業者が独自で保証をつけているケースもありますから、それも考えておく必要があります。このように保証もつけて、純正と同じような漢字で使えるにも関わらず、値段は7割から8割程度ということなので、十分に利用できると考えられるのです。

Copyright© 2015 オフィスの必需品ガイド│複合機やトナーは比較して最強のものを選ぶAll Rights Reserved.